【初体験】レズのお姉さんに頼まれたショック療法[第3話]

僕の唇を吸い、舌を舐め回しているお姉さんはどこか幸せそうな表情で、これがないと生きていけないといった表情だった。僕はお姉さんの執拗なキスに、いつしか(もう好きにしてください)という、どこか諦めの境地に近い精神状態になっており、抵抗する気などさらさらなくなっていた。それどころか、後ろからギュッと抱き締めてくれるお姉さんの感触が気持ちよかった。
続きを読む

記事元で続きを見る